ミリオンライブ!のアニメ化

ミリオンライブ!のアニメ化

9/22~23にかけてアイドルマスターコンテンツのアニメの一挙放送がニコニコ生放送で行われていましたね。
TLでも多くの方が見ていた印象があります。
765PRO、劇場版、シンデレラガールズ、SideM…個々について語るつもりはありませんが、それぞれの良さを改めて確認するいい機会だったのではないでしょうか。

現在のアイドルマスターコンテンツの中でTVアニメ化されていないのはミリオンライブ!とシャイニーカラーズとなってます。(劇場版に一部ミリオンライブメンバーが出ていますがミリオンライブのアニメではないという意見が多数派だと思います。)

コンテンツ創設から時期が間もないシャイニーカラーズは来年の3月の1stライブが決まったばかりですが、ゲームが始まったばかりということもありアニメ化の話題になることも少ないと思います。

一方のミリオンライブはコンテンツ開始から5年以上の月日が経っており、今年の6月には5thライブを終えて来年の6thツアーの発表がなされました。
私の周辺ではライブの前後になるとミリオンライブのアニメ化を望む声をたびたび見かけます。(その逆のアニメ化をしないでほしいという声もみかけます。)
私にとってはまるでコンテンツの一つのゴールであるかのようにアニメ化が語られることが普段から疑問です。
確かに原作にあたるゲームや、コミカライズなどでは限られた能動性のある人にしかコンテンツが届かず、新規にミリオンライブを知る機会は限られてきます。
そういう意味では手軽にTVを付けられるだけで見れるアニメに期待する声も理解できます。
実際にこれまでの各アイマスコンテンツのアニメ後にそのコンテンツに触れる人が格段に増えるブースト効果のようなものはあるのではないかと思います。
しかしそれは効果的な時期に良質なアニメが提供されたからこその結果であり、ただアニメ化をすればいいという話ではないはずです。
それなのにまるでアニメ化をすれば安泰だからアニメ化をしてほしいという安直な意見がTL上には散見されます。(これまで成功したからと言って次も成功する保証はないはずです。)

ミリオンライブでは52人での歩みをそろえることを重要視しているように個人的には感じています。(リアルのライブでは39人のみ出演が多いですが、台湾公演やハッチポッチなどの試みもあるのでここではあえて52人としました。)
私個人の意見としてはグリマスが終わってミリシタになった時に、そのミリオンライブの雰囲気をどう出していくのか、かなり心配でした。
しかし出だしこそ少しスローペースだった感じはあるものの1年経過した現在では比較的上手に各アイドルに焦点を当て、みんなの物語として感じられるつくりになっていると思います。
(そろそろ合言葉はスタートアップイベント以来の765ASメインのイベント来ないかなー等、まったく思うところがないわけではないです。)

そしてミリシタはグリマス時代から考えるとミリオンライブを知る人を格段に増やしたし、新規でミリオンライブをプレイする人も多くなりました。
これはミリオンライブのコンテンツの長所をうまくミリシタというゲームに落とし込めたからこその結果だと思います。
これと同じことがアニメ化でできるのか。それは正直私たちが考えることではないと思います。
上手くアニメ化できる形が見つかったらしかるべきタイミングでアニメ化がなされるだろうし、そうでなければこのままミリオンライブは周年などでショートのアニメPVは公開されるけどアニメ化はなされないかもしれない。
私はミリオンライブらしくないアニメを見るくらいなら無理にアニメ化する必要はないと考えてます。765PROよりも人数が多く、シンデレラガールズよりも個々を抜き出して描くのが難しいと素人ながらに思ってしまいます。
アニメ化した場合にもコミカライズのゲッサン版みたいに数少ないアイドルに焦点を当てて絞るのかもしれませんし、私みたいな素人では考えもつかない形式やストーリーになるかもしれない。もしかしたらぷちますみたいなオムニバス形式かもしれない。
きっとどんなに手腕のある人でも100%全員を満足させることはできない。でもミリオンライブがアニメになったのを見てみたいという気持ちが無いわけではない
だからこそ運営サイドがアニメ化をするのであれば、与えられたものを全力で楽しもうと思う。
劇場版の志保だって何も知らずに初めて見た人からしたら少しマイナスな役柄に見えるかもしれないけど、背景を知れば自分の不完全さが根本にあってそれでもしっかりと完成形に持っていかないといけないという焦燥感がにじみ出てるただの責任感が強い14歳の女の子だったと今ならはっきりわかる。
だからもしミリオンライブがアニメ化されたとしてもその時その時であーだこーだ言ってぱっと見のマイナスな部分を露骨に取り上げたりするのではなく、与えられたものを全力で受け止めてそれを自分なりに楽しんで全部が終わった後に何を得られたか考えられるといいなと思います。
(実際には一喜一憂してしまうと思うのであくまでも理想です…)

アニメ化に関してはそれぞれにいろんな思いがあると思いますが、各アイドルマスターコンテンツのアニメをあらためて見て、今私が感じたことを文章にしてみました。
これを読んで何かご意見があればリプライでもコメントでも構いませんのでお待ちしております。

雑記カテゴリの最新記事