北沢志保とTHE@TER投票企画

北沢志保とTHE@TER投票企画

先ほどのニコ生でTHE@TER CHALLENGE!!のテーマが発表になりましたね。
今回のテーマは「孤島サスペンスホラー」「おとぎの風の物語」「近未来アウトサイダー」の3つです。

知らない方もいるかもしれませんがこの投票企画、グリマス時代のTHE@TER ACTIVITIESというのがありまして、私の担当の北沢志保さんはテーマ「任侠映画」の「用心棒」で福田のり子ちゃんに敗れて2位でした。
そしてこちらはミリシタでイベントがあったばかりですので記憶に新しいですが昨年末から今年1月に行われたTHE@TER BOOSTではテーマ「三姉妹カフェ」の「ネコ」で宮尾美也ちゃんに敗れて2位という結果でした。

だからこそ担当である私としては志保さんに今回は役をとって欲しいのですが、投票が開始されるのが12/19ということでまだ時間があります。

ここで1度今回のテーマと志保さんについて見ていこうと思います。
現在アンケート開催中ですのでもしよろしければ投票お願いします。

私の観測範囲での話になりますが「孤島サスペンスホラーのメイド役」「おとぎの風の物語の少女役」「近未来アウトサイダーのダスク役」あたりを推す声が多いように思われます。

まず「孤島サスペンスホラーのメイド役」について
志保さんというとクールで落ち着いた印象が第一に浮かぶ方も多いかと思いますが、実は結構かわいい一面も持ち合わせています。
あまり知られていないかもしれませんがグリマス時代も含めてメイドと志保さんには縁があります。
先日、ミリシタで実装された「崇高なる光芒」の覚醒前(旧カード名「珈琲は如何」)なんかはセリフや衣装がどことなくメイドさんな印象がありますが…それよりももっとどストレートなメイドのカードがあります。
それが「小学生メイド」北沢志保です。
志保さんが演技の勉強ということでPに2つテーマを出して選択した方の演技をしてくれるというコミュがあり、そこに「CIAの女エージェント」と「小学生メイド」という選択肢があり、小学生メイドを選択すると…その先は自分で確かめて見てください!(グリマスはサービス終了していますが、「小学生メイド 北沢志保」あたりで検索すれば見ることができると思います)
そしてそのセリフが好評だった?からか、後日本当にSRカードとしてランドセルを背負った「小学生メイド」のカードが実装されました。
きっと担当ではない人やミリシタで最近志保さんに興味を持った人には印象が薄いかもしれませんが…かわいい北沢志保、なかなかの破壊力です。
メイドと言ってもかわいいだけではなくおしとやかだったり、あくまでも仕えているのは仕事だから…という方向性でも行けるあたり可能性を感じます。

次に「おとぎの風の物語の少女役」について。
ざっくりと見た感じではこれに関しては志保さんの趣味「お気に入りの絵本を探すこと」からの着想を得た方が多いのではないでしょうか。
おとぎの風の物語の配役をみると志保さんが好きそうなかわいい雰囲気の漂う子供向けの物語であることが想像できます。
他の役柄と志保の共通点があまりぱっと思いつかないことや、おとなしい女の子という志保さんらしいワードからこの役を選んでいる人が多いと思われます。
ゲーム内でも絵本についての言及はされていますし、個人の内面に迫ったテーマの曲が多いLTHの志保さんのソロ曲のタイトルはズバリ「絵本」です。
そんな絵本が大好きであると同時に大切にしている志保さんの紡ぐおとぎの風の物語、どんなお話になるのか気になりますね。

最後に「近未来アウトサイダーのダスク役」について。
これはテーマや配役から少し退廃したSFっぽさが漂っており、きっとEScapeのイメージら想像のしやすさもあってこれを選んでいる人も多いのではないでしょうか。他の2テーマは割と志保さんならこの役を推すといった声が大きいのに対して近未来アウトサイダーはダスク以外の役を推す声も比較的大きいのも特徴的です。
テーマ性からかっこいい・クールなイメージのある北沢志保がこの物語に合うのではないか…そんなイメージでしょうか。
ダスクを推す声が大きいのはひとりで漂流しているといった一匹狼の面からの着想のほかに、前回・前々回と唯一の2回連続2位である志保さんに主役と思われる役①をやってほしいから、という声も散見されました。
EScapeでSFものへの相性の良さを見せつけてくれた志保さんの新たなメンバーと挑む次の1ページもきっと素晴らしいと信じています。

さて、ざっくりと私の周りの声と私のイメージで今回のテーマについて書いてみました。
それぞれの中に思い描く担当アイドルのイメージがあり、時として意見がぶつかり合うこともあるでしょう。
ここに書いた3つ以外を推す声が主流になることもあるだろうし、きっと企画で1位になることを目標として自分が1番見たいと熱望した役ではないところに投票することもあるかもしれません。

私の好きな北沢志保さんのセリフに
「トップになれるのは、たったひとり…だから、
たとえ仲間であっても、手加減はしません。
今の私のすべてで…勝ち取ってみせます!」
というものがあります。
志保さんは勝つことをとても大事にしています。
さらにご存知かもしれませんが志保さんは「演技」をとても大事にしています。
もしかしたら、大勢の人が投票する先はあなたが見たかった北沢志保ではないかもしれません。
でも志保さんは演技を志しているんです。きっと、あなたの想像していなかった演技で新たな可能性を見せてくれると私は信じています。
「自分の見たい役が見れない」代わりに「自分が知らなかった担当の新たな一面が見れる」かもしれないんです。
私はたとえ自分の熱望した役ではなかったとしても最後まで戦い抜きたいと思います。志保さんの演技と阿多rしい可能性を見れるチャンスですからね!

長くなりましたが最後までお付き合いいただきありがとうございます。
それでは19日から開始になるTHE@TER CHALLENGE!!企画、頑張っていきましょう。

ミリシタイベントカテゴリの最新記事