チケット先行抽選について思う事

チケット先行抽選について思う事

※アイドルマスター関連のイベントチケットについてです。
私はただのユーザーなのでチケット業界や運営サイドに造詣の深い人がいたら間違っているところは指摘していただけると幸いです。

アイマスのライブではチケットを手に入れる際にいろいろなシステムでの抽選式の先行応募ののちに先着順の一般応募になることが多い。
そしてここ1-2年の傾向としてはミリオンライブに限らず、ドームなどの収容人数がきわめて大きい公演以外のほとんどの公演で一般販売で放出されるチケットは一瞬で在庫が切れる
つまり先行応募でチケットを手に入れておかないとライブに参加できないという状況である。
しかしながらその先行応募のシステムの印象(特に今回のシャイニーカラーズ)が個人的にとても悪い。
一応シャニマスのゲーム内から要望は送ったし記事内で提案もするが、ほとんど愚痴みたい内容となってしまう可能性が高いことを先にお詫びさせていただく。

アニメ化している765PROとシンデレラ、SideMは別としても、ミリオンライブとシャイニーカラーズは「ゲームとCD」がコンテンツの主力と思われる。
ここ最近のイベントチケット当落はミリオンライブは「ミリシタ感謝祭」と「6thライブ」シャイニーカラーズは「1stライブ」である。
本年度よりアソビストアプレミアム会員先行というシステムができた。
それまでは基本ゲーム内先行とCD先行、場合によってはそれにweb先行が組み合わされるという仕組みであった。
それぞれの先行内容はこのような形である。
ミリシタ感謝祭:ゲーム内応募のみ(ゲーム順位に応じて応募口数・当選率変動あり)
ミリオン6thライブ:アソビストア先行→CD先行 ここまでは確定、+αは不明
シャニマス1stライブ:アソビストア先行→ゲーム内先行(1アカウント1口)→CD先行 ここまでは確定、+αは不明

個人的にはミリシタ感謝祭のチケットの仕組みはとても良いと感じた。(無料招待イベントであったことも関係していると思うし、ゲームのプラットフォームによってできることできないことがあると思うが…)
ミリオンライブ全体ではなくミリシタのイベントであったということもあり、シンプルにゲーム内抽選1本勝負
その代わりゲームを頑張っている人やガシャを回した人に当選が偏るような配慮がされていたと思うし、実際に当落の結果を見てもゲームをそれなりにプレイしている人は明らかに当選率が高かったように思う。
それでいてガシャも回していない、ゲームも上位入賞はしていない少数口応募の人にも当選者もしっかりいた。
落選した人への配慮としてゲーム内外でのリアルタイム配信も用意されていた。
全員が満足する方法なんてないのだけれどもできるだけ満足度を上げようという雰囲気は感じられた。

ミリオン6thライブの先行はアソビストア先行の後にCD先行という形である。きっとこれからアイマス関連のチケットでスタンダードになっていくと思われる方式である。
アソビストア先行はプレミアム会員になる必要があるために原則的に1人1アカウントで約5000円の年会費を要求される
アンケートを取った印象では6-7割にどこかしらの会場のチケットが当選しているのでミリオン6thのチケットが欲しかった人にとってはコストパフォーマンスはそこまで悪くはないと個人的には思っている。
その後のCD先行はこれからであるが例年通り、1枚買っただけでは当選は難しくライブチケットを手に入れるためには複数枚購入の必要があると思われる。
ライブチケットという餌で釣って同じCDを複数枚買わせる仕組み(いわゆる握手券商法)は健全だとは思っていないが、業界的な構造の問題だと思われるので今のところ変わる気配はないし、逆に言えば100%ではないがある程度CDを買えばライブチケットが手に入る可能性が高いという点では一定の評価があるとすらおもっている。
個人的にはオーケストラのコンサートのように座席ごとに値段が違って倍率も変わる仕組みの方がいいと思っているが、JASRAC的な問題で実現は困難な様である。

シャニマス1stライブの先行はアソビストア先行の後にゲーム内先行を挟んでCD先行という形である。
シャニマスは1stライブであり、1stライブと言えばシンデレラガールズと同じ舞浜アンフィシアター、ミリオンライブであれば中野サンプラザである。出演者にとっては初めての大きなライブであり、個人的には2000人クラスの会場で開催するというのは理解できる。(あまりにも需給がつりあっておらず、異論があるのもわかる。)
私が文句を言いたいのはこのゲーム内先行である。
ゲーム先行を開催するメリットとしてはゲームへのアクセスが増加するのでゲームの宣伝にもなるし、普段曲しか聞かない人へのアピールとしても理解できる。
しかしながら、enza認証が済んだアカウント1つにつき1口のみ無償で応募できる仕組みというのが個人的にはまったくいい方法とは思えないのである。認証もLINE/Facebook/電話番号と複数の手段があるのでサブアカウントを作成して応募することが可能であるし、当落の結果を見てもゲームのプレイ度合による配慮もなされていないように受ける。(当選者数が少なすぎてそう見えるだけの可能性もあるが…多分違うと思う)
ゲーム内先行をやるのであれば手間なのかもしれないがゲームの仕組みと結び付けてほしい
別にイベント順位が上位である必要はないと思う。シンデレラの総選挙の投票権みたいにガチャとセットでもグリマスの頃のようにゲーム内アイテムとセットでもいいからゲームをちゃんとプレイしている人が少しでも有利になるような仕組みでやってほしいのである。(現状の法律的に難しいなどあればご指摘いただけると幸いです。)
コンテンツへの新規参入者をライブから取り入れたくて「あえて」イーブンになるような仕組みにしてるのかもしれないが、現時点でのコンテンツへの思い入れや入れ込み具合を無視してそこを強調するのであればそれこそ「運営の都合」なのだからもっと大きな会場でライブを行えばいいだけの話である。
ただ単にゲームにログインするだけで応募できるゲーム内先行なんて正直やらなくていいとすら思ってしまう。
個人的にはCD先行がこのゲーム先行より前にあるのであればまだいい。CDで自分の無理のない範囲で出せる費用を捻出してもダメだった人へのラストチャンスとして機能し、行けないと思っていたものにラッキーで参加できる。それであればやる意味もあると思うのである。

お金を出す人だけでなくライブにいろんな人に参加してほしいという思いはわかるのだが、それは正直アソビストアのプレミアム会員で興味がある人の選別をしたうえでみんなイーブンな当選確率でやっているのだから、その後の先行については行きたい思いの強さを金額に換算させる現行の方法をとるのであればそれを先にやってほしい。個人的にゲーム内でやる意味をまったく感じないゲーム先行が今後はなくなることを祈ります。

雑記カテゴリの最新記事