最近ミリオンライブPが活発な理由

最近ミリオンライブPが活発な理由

世間はクリスマス、リアルのイベントで忙しい人もソシャゲに追われてる人もはたまたコミケの準備ご忙しい人も…

忘年会や年末のイベントなどなにかと用事が立て込む師走ですが、そんな忙しい時期にも関わらずミリオンライブのプロデューサー達は自分の担当アイドルのアピールをしてりイラストを描いたりととても活発です。その理由はご存知の方もいるかもしれませんが、投票企画「THE@TER CHALLENGE!!」(以下、TC)の影響です。

アイマスで投票企画というとシンデレラガールズの総選挙を思い浮かべる方も多いかもしれませんが、コンセプトからして違います。しかし外から見てるとどう違うのかよくわからないと思いますのでTC企画を簡単にまとめました。

①15個ある役にそれぞれふさわしいNo.1を決める戦い。(15人の勝者が生まれる)

②勝者にはドラマCDへの参加権とそのテーマ曲の歌唱担当、そしてゲーム内での新規カード(ほとんどには新規衣装も付属)が与えられる。

③1人あたりの投票券には限りがあり、無課金でも最大の1/3程度の投票券を集められる。(逆にいえばどれだけ課金してイベント入賞しても無課金3人分程度)

まず、この企画は単純な人気投票ではありません。アイドルは個性として様々な要素を持っていますが①によりそれぞれのアイドルでプロデューサー達の考えで担当アイドルにふさわしい役を選べます。例えば北沢志保の場合、「もう時間がないんです」でご存知の方も多い劇場版で見せたシリアス、クールな一面を持っています。が、それと同時に母子家庭の長女であり、弟の面倒を見て送り迎えをする面倒見のいい一面、そして14歳の少女で絵本が好きという可愛らしい一面。プロデューサー達はどの要素でどの配役を狙いに行くかという戦略的な要素があるのです。

次に②については52人の所属アイドルがいるミリオンライブでは比較的イベントや新規カードの登場頻度は均一化されています。しかしそれとは別と思われる枠で担当アイドルに出番がやってきます。みんな自分の担当に輝いて欲しい気持ちは一緒なので自然と気合が入るというもんです。さらに付け加えると今回で3回目の投票企画です。以前の企画で役を得ることのできなかった11人のアイドルの担当や、今回の3回目にして初めて投票対象となったAS組(アニマスに出てる765プロの13人)の担当にとってはなんとしてでも負けられないという思いがあるのではないでしょうか。

さらに③の要素により、少数の廃課金が応援するよりも大多数の無課金ユーザーが票を投じた方が結果的に優位に立てます。ミリシタでは複数アカウントの作成は規約で禁止されていますので、投票で上位に行くためには1人でも多くのプロデューサーに自分の担当アイドルに票を投じてもらうのが勝利への近道です。そのため、普段から熱心にミリオンライブで活動しているPはもちろんのこと、今回の企画に興味を持ってミリシタを新しく始めたor久し振りに復帰した人をいかに巻き込むか。そこが非常に大事になるのでTwitterなどSNSやミリシタアプリ内のコンベンションセンターでは色んな意見が交わされたり、イラストや一斉投票企画などの宣伝が行われたりしています。

というわけで、なんとなくミリオンライブのイラストや宣伝がたくさん流れてくると思ったそこのあなたもミリシタはじめてみませんか?何も考えず毎日ログインするだけでも1票手に入るので、ビジュアルや声でピンときたアイドルに投じたり、SNSやコンベンションセンターで面白いことやってるなと思った陣営に票を投じたり…ログインするだけで1票、音ゲー1回とちゃっとぽちぽちでもう1票毎日もらえます。せっかくのお祭り参加してみてはいかがでしょう?


ミリシタイベントカテゴリの最新記事