ミリオンBCっていいよね

ミリオンBCっていいよね

ミリオンBCってどんな話

ミリオンライブ!のコミカライズにはゲッサン版ミリオンライブ(完結済:全5巻)とミリオンライブ!Blooming Clover(電撃マオウで連載中:既刊4巻)の2種類があります。
ざっくりとしたイメージとしてはゲッサンは未来・静香・翼のいわゆる信号機を中心にした王道物語です。すでに完結しており、短めで読みやすいのでミリシタからミリオンライブに入った人もおすすめです。
一方ミリオンBCは可奈を主人公に志保・海美・星梨花の4人でユニットCloverを結成して活動する話となっています。
他のシアターメンバーに遅れること1ヶ月…可奈が事務所に入ってくるところから物語は始まります。
1巻では可奈の所属が遅れた衝撃の理由…可奈の指導役に指名された志保の葛藤…劇場デビューができるのは可奈・志保・星梨花の中から2人、その行方
2巻では志保の幼いころとアイドルを目指した理由…アイドルとしての可奈が作るステージ…(ここまでが特設ページ無料公開部分)
さらに紬と歌織が登場して物語はシアター組のユニットを結成して新たなステージへ…
まあこんな感じなので無料公開読んでください!

ミリオンBCのここがいい

ミリオンBCの個人的な見どころは各アイドルの苦悩とそれを乗り越えた先の成長です。
ミリシタのユニットのコミュなどでもそういった描写はあるのですが、ミリオンBCではより彼女たちの日常にスポットを当てた感じになっています。
メインユニットであるCloverの可奈・志保・海美・星梨花はもちろんですが3巻ではユニット「ダブルエース」として奈緒・美奈子、4巻では「トライスタービジョン」として琴葉・エレナ・恵美のエピソードなども登場します。
こういったメインキャラも活き活きとしているのですが個人的に見てほしいのがシアター組のアイドルたちが随所にとても「らしい」働きでそれぞれのアイドルの悩みの手助けになるシーン。
1巻では律子・美希・雪歩、育・百合子、2巻ではまつり、環、紬・歌織、3巻では未来・翼・春香、紗代子・莉緒・このみ、茜、昴、4巻では亜利沙、伊織・やよい…上げるときりがないんですけどたくさんのアイドルのそれな~!ってところが出てきます。
Cloverの担当じゃないPさんにもたくさん読んでもらえたらいいな、思ってるのでとりあえずまだの人は無料公開分を読んでください!
最新刊はアプリ「マガジンWALKER」で先月号も含めて月額500円で読めるのでお試しあれ~

ミリオンBCカテゴリの最新記事