TC工作の告発記事の違和感

TC工作の告発記事の違和感

はじめに

このブログは匿名で書いているわけではないのでご存じの方も多いとは思いますが、私はダスクに関しては瑞希・千早陣営どちらにも肩入れはしておりません。
両者の激しい票数争いを外から見てて、純粋にすごいな…と思ったしどちらにも頑張ってほしいと思っていた一人です。
その上で感じたことを書かせてもらおうかと思います。

事の発端は一つの匿名記事

本来であれば記事の内容の拡散につながるので掲載するべきかは悩みましたが、一部まとめサイトなどにも掲載されていることを考えるとすでにある程度拡散されてしまっている現状があるので、当該記事のurlをこちらに貼り付けておきます。決して読んでいて気持ちのいいものではありませんので閲覧される方は気を付けてください。
記事の内容としては1人のPに注目しています。(実際のTwitterIDを晒したスクショ付です。)その人物がTwitterではここ最近瑞希Pとして様々な発言をしていたがツイートをさかのぼると実は以前から千早Pであったこと、そしてゲーム内で同名検索をするとミリシタはあまり熱心ではない千早Pであることが確認でき、外部サイトを使用してコンベンションセンターでそのPの発言を確認すると一斉投票なども熱心に宣伝しているがちがちの千早Pである。ということをめちゃくちゃTwitterをさかのぼったり外部サイトをがっつり使用して裏を取ってすごい長文を書いたうえで「対立陣営のPになりすました妨害工作」と断定し、こういうことがあるからコンベンションセンターの仕様を変更すべきだとしています。
それ以外にも他に2つほどさらっと人物は晒すことなく千早陣営のイメージがマイナスになるようなスクショが貼られて最後にまとめとしてコンベンションセンターの問題点を上げ、改善策を述べています。

私が感じた違和感

さて、私が感じた違和感は以下の通りです。
①3例とも千早陣営が瑞希陣営にマイナスの影響を与えていると思われる事例を挙げたこと
②投票企画の終わっていないこの時期に実際のTwitterIDを晒して記事を作成したこと
たしかにこの記事のまとめであるコンベンションセンターの問題点については私も含めて多くのプロデューサーも感じた事でしょう。
そういった意味で実例を挙げて問題点を挙げた記事は意味があると思います。
何かを訴える時に実際の問題点を挙げたほうが説得力があるからです。

しかし、3つも事例があってすべて千早陣営というのは不自然ではないでしょうか。
記事の作者はミリオンライブは52人が好きな箱推しと言っています。
この言葉を信じるのであれば、【a:問題のありそうな事例を調べたら見事に千早陣営ばかりが怪しい行動をとっていた】、もしくは【b:いろいろ調べたが説得力のある物証が集まったのが千早陣営であった】のいずれかの可能性は容易に想像できます。
実際にコンベンションセンターを見ている人であれば残念ながらどこのコンベンションセンターも怪しい動きは見かけるので【a】ではないことは明白でしょう。(だからこそ問題点の提起として記事を上げたのでしょう)
【b】に関しては私も外部サイト実際に使ってみました。たしかに裏を取るのが大変ではっきりとした問題行為を行っていそうな人物を特定するのは容易ではありません。そういう意味ではそれっぽい人が見つかったから千早陣営を例示した可能性はなくはないでしょう。しかしざっくりとコンベンションセンターを見た私でも事例2や3で千早陣営よりもふさわしい事例があったように見受けます。

また記事の作者は記事を完成させるために時間がかかるので公開した、投票企画が終わってからでは遅いので今問題提起をしたといったようなことを記事内で述べています。
それについては投票期間内に問題提起したほうが話題性に出て関心も増すという利点があるのはわかります。ただ、投票期間中に1人の相手を攻撃するような内容をご自身は匿名で晒し上げるというのはいかがなものでしょうか?ある程度発言者をぼかしたりしても説得力が失われると思いませんし、千早と瑞希の話であることは重要だったのでしょうか。
世の中には担当が一人ではなく複数担当しているプロデューサーはたくさんいます。その中には今回の投票企画で自分の担当どうしが対立してしまって悩んでいるプロデューサーも少なからずいるかと思います。
今回の実質晒し行為によりそういった複数担当の人たちは非常に発言がしにくくなったのではないかと思います。
不正を抑制する効果は重要かもしれませんが、それ以上に言いたいことも言えなくなるような重苦しい雰囲気は私はデメリットの方が大きいと思います。
さらに先ほど述べたように検証するのは容易ではない中、これだけ一人の人物に粘着といっても差し支えない執念をもって問題点を上げるこれらのことから察すると記事の作者は箱推しといいつつも千早に対して負の感情を持っているもしくは瑞希を応援する立場なのではないかとすら思えてしまいました…
記事の公開が投票期間内であったのもそういった影響力を考えているのではないか…と邪推されてしまいます。
こればかりは実際の記事の作者が出てこないとわかりませんが、それは私の望むところではありません。何らかの意図があったのであれば、違和感に対する解説を記事内で語ってくれると良いのではないかと個人的に思います。

コンベンションセンターの問題点


記事の作者の手法には疑問を感じたので記事を作成しましたが、その熱量は評価に値すると思いますし、現状でなりすましや妨害工作に対する有効な手段が乏しいのは間違いなく、記事の作者のいうコンベンションセンターの問題点の提起と運営への要望の推奨には賛同致します。
私もコンベンションセンターのやりたい放題な仕様には疑問もあるので今回の投票企画後に結果はどうあれ要望を送るつもりです。
みなさんもコンベンションセンターの仕様以外にも投票企画全般についてでもミリシタ運営に要望(ついでに良いと思ってるから続けてほしい仕様)を送ってみてはいかがでしょうか。

ミリシタキャンペーンカテゴリの最新記事