TBで負けてからの1年間

TBで負けてからの1年間

2018年1月22日

忘れもしません。1月18日に誕生日を迎え、一斉投票や祝福のムードでネコ役の美也との差を一気に開いたあの日からわずか4日。
圧倒的であった差はじわじわと詰められ、気が付いたら逆転され、でも私の手元には投票できる権利はもうない。ただひたすらに志保の手から役が零れ落ちていくのを見守ることしか私にはできなかったあの日。

2018年1月23日

1月23日の0:00になる直前の票差でおそらく負けているであろうことは明白だったのですが、日付が変わってもその事実を認めたくなくて全然寝つけなかったのを今でもよく覚えています。
翌日も平日で仕事なので布団に入っても、なんで勝たしてあげることができなかったのか、どこで相手との差がついたのか…そんな自問自答をしても答えなど出てくるはずもなく無力感だけを感じていたあの夜。
Twitter上では精一杯絞り出して美也と美也Pへの祝福を絞り出していましたが、正直なところしばらくは美也Pの顔は見たくないくらいに辛かった。(心当たりある美也Pの人、ごめんね)
そして結果発表を見て、ドラマCD・イベントコミュの配役だけでなく衣装もつくことを知りさらに打ちひしがれた記憶が今でもよみがえってきます。

そんな私を救ってくれたのはやっぱり担当だった

多分去年の1月末~3月くらいは仲のいいPさんとあってもTBの話になるとあんまり褒められた態度じゃなかったのではないかと思います。
担当を勝たせてあげられなかったTBの結果はかなり引きずっていましたが、私に前を向かせてくれたのもまた担当アイドルの志保でした。TBで後ろ向きな気持ちを引きずる私をよそに、担当アイドルは表現の難しいアンドロイドに挑戦し、見事に演じきって私の心を溶かしてくれました。そこから少し先のことを考えられるようになってきました。
「なんでTBで負けたのか」を考えたって結果は変わらない、だったら「うちの担当にはこんないいところがあるんだ」って人に伝えられるような努力を私がすればもしかしたら次の1ページは変えることができるかもしれない。
そしてそういう気持ちになれたことで、ようやく私はTBのネコ役の勝者である美也とも向き合えた気がします。

TBイベント、ドラマCD

とはいえTBの傷が完全に癒えたわけではなかったのですが、私はちゃんと結果と向き合うことも次のためには必要だろうと思い始めていました。
イベントが始まってコミュでネコ役が出てくると美也がミャオ役、志保がシッポ役として出てきましたね。2位でコミュに出ることについては以前記事に書いた通りで肯定派ですが、いい役どころもらってわがままだ、と言われそうですがそれでもやはり見ると主役をあげられなかったことへの後悔がふつふつとわいてくる。ドラマCDでも出番はあるけどオーディナリー・クローバーは歌ってないし、担当のDIAMOND DAYSも聞くことができないのはやっぱり辛かった。

リリースイベント

そんな私がようやくネコ役が美也でよかったな、と思えたのが12/30に行われたリリースイベントでした。そこで桐谷さんの表情を見て、ネコ役にかける思いや選んでくれたことへの感謝を聞いて、「ああ、ネコ役はこの人で良かったんだな」と自分の中で消化することができた気がします。
それがあったから年明け1発目のRaise the Flagイベントで担当の頑張りに恥じないように走り抜けようと頑張れたし、TCイベントへ向き合えたんじゃないかと今となっては思えます。

最後に

私はここに書いたようにTBから実に約1年間、心のどこかで敗北を引きずっていました。
TCで役をつかんだアイドルの担当が偉そうなことを言うな、と言われればそれまでです。
ただ、次があるかどうかはわかりませんが、今回TCで思ったような結果が出なかった担当のPさんたちに言いたいことがあってこの記事を書きました。
私たちが投票企画の結果で嫌な気持ちになっても、アイドル達は次に向かって頑張ってます。
投票企画の存在が大きいのはTA、TBで私も嫌というほど知っていますが、それがすべてではありません。

今回の投票企画でミリシタから距離を置こうと思う方もいると思います。
でも「すぐに」とは言いませんので、できればもう一度担当の頑張っているところをしっかり見てあげてほしい。それでも気持ちが切れてしまっているのであれば充電して休んでからでいいのでどこかでまた担当に触れてほしい。
そしてできることであれば、自分の担当が敗北した役の行く末をしっかり見届けてほしい。それはとてもしんどいことですが、次に進むために必要なことだと思います。

今まで担当アイドルと紡いできた物語を敗北で嫌な思い出のまま閉じるのはもったいないと思います。
別に次回の投票企画に参加しろなんて言いません。投票企画を抜きにしたって、担当が出るコミュやイベントで、その輝いている姿をみてこそのプロデューサーなんじゃないかな、と私には思えてならないのです。ゆっくりと時間がかかってもいいからあなたのやり方でプロデュースを楽しめる日が来ることを期待して、筆をおかせていただきます。

雑記カテゴリの最新記事