課金疲れ~誰が為の課金~

課金疲れ~誰が為の課金~

何のために課金するのか

ブログのタイトルからもわかるように私は割とゲームには気軽に課金するタイプです。
ネット上で蔓延する課金疲れという面白いワードを見かけたので記事を書いてみることにしました。
(元の記事はこちら
普段よく課金している人たちは「課金疲れ」の見出しまで飛ばしていただいて大丈夫です。
よくゲームをやらない友人からはなんで課金するの?って質問されるのですが、ゲームをやらない友人に課金の有用性を説いたところで当然理解されません。
なので現実世界とそんなに変わらないことを説明して納得してもらいます。
いろんなゲームがあっていろんなメーカーがあるので多種多様ですが、課金のメリットは大体この3つです。

①時間短縮が図れる
②ゲーム内で強くなれる
③人が持っていないものが手に入る

タクシーって楽で早いですよね?

①の時間短縮は基本的にそのゲームで生計を立てているプロゲーマーなど一部を除いては普通の生活があってその合間にゲームをやるという構図の人がほとんどです。そのためRPGのようなゲームでは課金することで獲得経験値が増えてレベルアップが早くなったり、街づくり系のゲームでは一つの施設を建てるのにかかる時間を短縮できたりします。だいたいのゲームでは楽しさを味わうために何らかの地道な作業が必要で、その地道な作業を課金で楽ちんにできることがほとんどです。
これは現実世界で言うところのタクシーや新幹線を使うのと同じです。
目的地があってそこまで移動しなければいけない。できるだけ早く目的地につくためにバスを使うのではなくより便利なタクシー、各駅停車ではなく早くつく新幹線を使う。普通の人もタクシーを割高とは思いつつも事情があるときには使ったことがある場合がほとんどなので伝わるようです。

性能のいいスマホにしたら便利ですよね?

②のゲーム内で強くなれるというのは実は①や③ともかかわってきますが、強い敵を倒すタイプのゲームや対人でランキングを争うゲームなどではより強い装備で無課金ではなかなか倒せない敵を倒したり、他者との勝負に勝ったりすることができてより一層の爽快感や達成感を味わうことができます。またそういった良い性能の物がそろっていると①の地道な作業の短縮にもつながることが多いですし、強い装備やより良いものはゲーム内で希少品の位置づけであることも多いので③の人が持っていないものを手に入れる喜びもあるかもしれません。
これは今の世の中だとしっくりくるのは性能のいいスマホでしょうか。人によってはPCだったり車の方がしっくりくるかもしれません。
スマホはほぼみんな1台は持っています。たとえばiPhoneで言えば最新の機種を買わなくても普通にSNSしたりネット見たりはできます。しかし最新の機種にしたり容量を64GBから512GBにすると動画やゲームの読み込みが早くなったり、写真をとりまくっても容量で困らなくなったりします。
PCをグレードアップするのなんかはよりわかりやすい感覚で、性能の良いものの方ができることが増えたりしますね。

ブランド品にあこがれたことありません?

③については人の持っていないものを手に入れるための課金というとアバター(インターネット上に表示される自身の代わりとなるアイコン)への課金やたとえば課金してガチャからしか出てこない衣装などが該当すると思います。
②の珍しいかつ強いという要素が含まれるものありますが、純粋に見た目だけを変えるだけでゲーム内の性能は一切変わらない、といったものも割と多いです。
私の周りだとこの見た目だけ変えるために課金するのが一番理解できないって言ってくる人が多いイメージがあります。
機能性が変わらない物にお金を払う…そう、ブランド品です。(ブランド品の中には良い素材を使用したり独自の機能を持っていてブランドを確立しているところもありますが、一般的にはそうとも言い難いことが多いのでこう書かせてもらっています。)
例えばシャネルの財布やエルメスのバーキン。確かにいい素材は使っていると思いますが同じ材料で同じ構造の物でもノンブランドだったら半額以下でしょう。(高級外車なんかもこういった側面があると思います)
「他の人が持っていない」「希少だから」「有名な○○と同じものが持ちたい」などの理由でそういったブランド品を持ったことあるでしょ?っていうと納得はしないけど理解はしてくれることが多いです(笑)

課金疲れ

さて、ようやく本題の課金疲れについてです。
元々課金をする側は上記のようなメリットを期待して課金していたはずなんです。
ただ、長く課金してゲームしていると徐々に周りも課金者が増えていきます。課金者同士が集まる理由?やればわかります。同じくらいの熱量や課金額の人たちと一緒の方が話が弾むことが多いのです。
そうするとある程度継続的に課金している状態が当たり前になります。人は当たり前のことに喜びを見出すのはなかなか難しいものです。
例えば、私も実家に住んでいた時に毎日ご飯が出ることをなかば当たり前だと思っていましたが、一人暮らしを始めた時になってみてそれがそれだけ偉大なことであったかを実感しました。
他にも、海外に行かないと水道水が飲めるのは日本のいいところだといわれてもピンとこないと思います。
このように感覚や価値観は多分に周りの環境に左右されると思っていますが、課金への金銭感覚もそれと近いのではないかと個人的に思っています。
最初は断腸の思いで無課金から微課金になって周囲から一目置かれるところから始まったのが、いつの間にか微課金集団にいるうちに更なる課金をしてしまい重課金が当たり前、いいなと思ったらすぐに課金してしまう。
それを助長しているのがガチャなのでしょう。たとえば強い装備を作るために大人数を集めて膨大な時間がかかる、となれば自分には越えられないハードルとして断念せざるを得ないこともあるでしょう。
しかしガチャは回す(ボタンを押す)だけなのです。しかも世の中には便利なクレジットカードという今すぐ手持ちがなくてもお金が引き出せる一見すると魔法のような物まである。
今この瞬間が楽しければよい、と回して後悔するというのを今まで何度も見てきました。
SNSで話題になるのはものすごく運が悪くて1度に膨大な課金をしたというパターンがほとんどですが、実際には冒頭の記事にあったような1回1回はちょっと頑張ったり無理をしたりする程度なんだけどそれが積み重なって気が付いたらダメージが蓄積しているパターンの方が多い気がしています。
自分の状況をきちんと把握して、冷静に趣味に使っていい範囲というのを考えないと誰でも陥ってしまう可能性があるだけに怖いな…と記事を読んであらためて感じました。
ガチャを回すことが目的になっているってもはや買い物依存症の一種なんだと思います。
ブランド品を買いあさりまくって、一切身に着けないで次の買い物へ行き最終的には手に負えなくなる…買っているものが現実のものかデータかというだけで依存している状況には大きな違いはないのではないでしょうか。
課金をなんのためにしているのか、今の状況を続けても大丈夫か皆さんもたまには考えてみてはいかがでしょうか?ここまで頑張ったんだからやめるわけにはいかない…ってなってるのならもう一度なんのためにそのゲームをやっているのか考える時期だと思いますし、個人的には一度離れることを勧めます。

なお、誰が言い始めたのか知らない金言「課金は家賃まで」ってことでTLでアンケートとってみたんですけど、守れてない人も多いようですね…
私?ノーコメントです!!
皆様も課金したことを後悔しない課金ライフであることを願っております!

雑記カテゴリの最新記事