ミリオン6thライブ 当選率etc(CD先行)

ミリオン6thライブ 当選率etc(CD先行)

アンケート概要

今回はアイドルマスター(アイマス)のミリオンライブの6thライブについて2次先行であるCD先行についてのアンケートをTwitter上で行いました。
なお、最速先行であるアソビストアのアンケート結果は以前記事にしておりますので興味がある方はご覧ください。速報版最終版

6thライブはツアー形式で仙台・神戸・福岡と会場が分かれており、それぞれの会場で2日間公演が開かれます。仙台は4/27-28、神戸は5/18-19、福岡は6/29-30といずれも週末の土曜日・日曜日となっています。
6thライブではMTG12「D/Zeal」1枚に1シリアル付属しており、1シリアルで6公演すべてに2連番まで応募可能です。
今回のアンケートでは各公演に何シリアル分応募をしたのか(もしくは応募していないか)、その結果「落選」「単番当選」「連番当選」いずれの結果であったのかを集計しています。(落選については単番・連番を分けずに質問してしまったため、単番・連番別での当選率は出せなくなってしまったことをお詫びします。)
明らかないたずら投票(0応募で当選や9999応募で落選、1応募で6当選など)は手動ではじいています。手動でのいたずら認定は20件程度、有効回答数1715件で集計を行っております。あまり厳しく判定すると私の恣意性が介入するので甘く見てます。そのため、いたずらなどで誤差が生じていることをご了承下さい。
また、当方の集計結果なので注意は払いましたが人為的なミスが発生している可能性はあります。記事の最後に検算用の生データを置いておきますので気になる方は自分で実際に数字を出してみることをお勧めします。

1715回答で合計21700シリアル以上(1人平均12.7シリアル)、D/Zealの出荷枚数が10万枚前後(詳細な売り上げ枚数は不明)ですが、重複はあると思われますがおそらく全体の2割程度と大多数の方にアンケートご協力いただき誠にありがとうございました。

各公演ごとの応募率・当選率

まずは各公演ごとの応募率について。
仙台公演:1日目59.0% 2日目58.4%
神戸公演:1日目65.5% 2日目63.6%
福岡公演:1日目61.9% 2日目57.5%

応募率に関してはそこまで大きな差はないですが、関東・関西いずれからもアクセスのよい神戸が人気となっています。
福岡公演で初日と2日目で差が出たのは推測になりますが関東に帰ること踏まえて敬遠した人が少し多いのではないかと思われます。

次に各公演ごとの当選率について。
ここでの当選率とはシリアル数に関係なく応募した人の中で単番・連番問わず当選した人の割合になっています。
仙台公演:1日目17.7% 2日目18.7%
神戸公演:1日目22.0% 2日目21.4%
福岡公演:1日目29.4% 2日目30.7%

ちなみに1口以上応募していずれかの公演が1つ以上当たったのは1715人中1170人で当選率は68.2%です。

当選率に関しては仙台<神戸<福岡となっています。
これについてはそれぞれの会場のキャパシティ(収容人数)が大きく影響していると考えられます。
神戸と仙台にあまり差がないのは前述の神戸公演の人気さゆえと思われます。

当選公演数別に見た平均シリアル口数

今度は当選公演が0の人から最大6の人まで、それぞれの平均応募シリアル数がどの程度なのかを調べてみました。(1シリアルで当たる人もいれば50シリアルで全部外れる人もいるのであくまでも目安です。また応募していない公演の分は除外して計算しています。)

全公演落選 545人 応募シリアル平均5.4口
1公演当選  970人 応募シリアル平均11.7口
2公演当選  143人 応募シリアル平均32.4口
3公演当選   36人 応募シリアル平均46.4口
4公演当選   12人 応募シリアル平均67.2口
5公演当選   5人 応募シリアル平均66.8口
6公演当選   4人 応募シリアル平均111.5口

ご覧になるとわかりますが基本的には当選公演数が多い人ほどCDを積んでいる枚数は多くなっています。ただし、3公演以上に関してはそもそもの母数が少ないため参考程度とするべきで、たとえば4公演当選と5公演当選ではほぼ差がありませんが、これは人数が少ないのでたまたまそういう結果になっただけと考えるのが妥当だと思います。

0当選~2当選まではある程度母数がいるので参考になるかと思います。
実感の通り使用したシリアルが多い人ほど当選口数もある程度あがるというのはありそうな結果になりました。

応募シリアル口数と当選率

さて、あらかじめ断りを入れておきます。
個人的には衝撃的な結果が出てしまったのですが、アンケートの結果をそのまま信用するとそういう仮説が考えられるというだけで、ここに書いたことは絶対ではありません
この結果をもとにeplusやバンダイナムコにお問い合わせを行うことはおやめください。またこの結果に対して私はいかなる責任も持てないということを明言させていただきます。

まずは応募シリアルごとの当選率から。
これについては当選した人数/応募した人数で数えています。1口でも2口以上でも当選者は1人としてます。
わかりづらいので表を貼りました。
区切り方はだいたいどのゾーンにも全体の3%程度以上(50人くらい)いるように区切ってますが、統計的に意味のある区切り方ではありません。
(17-19のところだけトータル28人で少し少なく、41以上はそもそも母数が少ないのであくまでも参考程度としてください。)

さて私もにわかには信じられなかったのですが、ご覧のとおり1桁(9枚まで)と10枚以上で当選率に壁があるように見えます。
確かに8-9枚は53人とやや母数が少なめでたまたま低く出た可能性も否定はできません。
しかし2枚以降だいたい5~6割だった当選率が10枚以降では安定して8割以上となっています。
統計的な処理による影響はあると思います。しかし普通に考えると10枚以上か9枚以下かでなんらかの力が働いているように見えてしまいます。これについてはeplusしか真実はわかりません。
ただし、シンデレラ5thの有志アンケートでもこのような現象はみられています。

あくまでも仮説、という形にはなりますが枚数による処理がなされている可能性もあるかもしれません。

また、ある程度枚数を積んでも100%に近づくことはなく3-5%程度の割合で落選者が存在するのも気になります。
運かもしれませんし、今回のアンケートでは詳細は確認できませんが100枚を10枚ずつ10アカウントに分けたいわゆる横積みなどの結果の可能性も考えられますが、枚数に関係なく一定の割合で落選者がいる可能性も示唆されます。
ちなみに公演ごとに分けて数字を出す方が精度は上がるのですが、そうするとそれぞれの当選数がかなり減少するためどれも参考になってしまうということでまとめて計算を行っています。

単番と連番について

さて、ネット上でささやかれる噂として単番の方が連番よりも当たりやすいといったものを耳にしたことがあるかもしれません。今回はそれを検証したかったのですが…落選を単番・連番で分け忘れた為直接的な比較はできないので、それぞれ1単番あてるための平均シリアル数と2連番あてるための平均シリアル数を出してみることにしました。

2連番あてるために1単番の2倍シリアルがひつようとなれば確率は同じで阿藤と推測されますが…
1単番当選のための平均シリアル数8.8
2連番当選のための平均シリアル数20.0

結果だけ見ると1単番のほうが当たりやすいという結果になりました。

ここからは補足になります。
まずは応募シリアル数と単番申し込み率の表になりますが、下記の通り1口申し込みの人の単番率が高く、シリアルが増えると連番率が高くなる傾向があります。

アンケートの発信元が私で周囲にシリアル複数申し込み者が多く、1口応募の人にアンケートが届きにくい点やさらに1口応募で落選した人がアンケートにわざわざ答える確率が低いことなどを加味すると、1単番当選のための平均シリアル数は低めに出ていると考えられます。

なので実際には単番も連番も当選率は大差ないのではないか、というのが今回の結果からの推測になります。

終わりに

今回の当選率に関しては私自身興味があったのでアンケートを行いましたが、自分でもにわかには信じがたい結果が出てしまいました。
匿名のアンケートでいたずらはどうしても防止できないことや実際の当選率よりも高く出てしまう傾向があることを踏まえて見ていただければ幸いです。
またくれぐれも今回のアンケート結果をもとにeplusやバンダイナムコにお問い合わせを行うことはやめていただくようにお願いいたします。
これはあくまでも全体の一部のサンプルであり、正しい結果であることは保証できませんので参考にとどめておくようにお願いいたします。

記事を見てまだアンケート答えてないので協力してもいいよって方がいらっしゃったらこちらでご回答お願いします。

最後に今回の検証に使用した生データをこちらで7日間ダウンロードできるようにしておきます。
パスワードは「6th」の3文字です(鍵かっこは不要です。)

雑記カテゴリの最新記事